画像:インプラント治療

  •  
  •  

インプラント治療

画像:インプラント

インプラント治療とは、抜けた歯の代わりに人工の歯根を入れる治療のことです。 歯を失った(抜いた)部分に入れ歯をいれていて違和感があり、やわらかい食事しかとれない方が、インプラント治療により違和感も少なく食事もしっかりとっていただけるようになります。
インプラントの審美歯科治療はここ数年で飛躍的に進歩しています。
インプラントの性能も良くなっていますが、インプラントは人の体質や骨の状態によって向き不向きがあり、それを診断することが大事です。
当院では、3種類のインプラントを状況に応じて使用しています。楽しい食事、健康、若さを取り戻したい方はぜひお気軽にご相談下さい。

メリット デメリット
  • 天然歯と同じように噛めます。
  • 審美性に優れています。
  • 周囲の天然の歯を削る必要がありません。
  • 食事が美味しく楽しめます。
  • 笑顔の回数が増えます。
  • 保険適用外で、費用がかかります。
  • 手術が必要です。
  • 他の治療と比べ、時間がかかります。
  • 治療ができない場合があります。
  • 定期的なメンテナンスが必要です。
  インプラント ブリッジ 入れ歯
見た目
噛みやすさ
耐久性 ×
違和感 ×
お口への負担 × ×
料金 ×

画像:インプラント治療の流れ

  •  
  •  

インプラント治療の流れ

  • Step1
  • 診断と治療計画の提示

失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法には様々な選択肢があります。 カウンセリングをはじめレントゲン、口腔内写真撮影などによる充分な診断の後、インプラント治療計画を立てます。

  • Step2
  • インプラント治療前の処置

必要に応じて、歯周病治療やカリエス治療など、残存歯の治療を行います。
また、骨造成なども行う場合があります。

  • Step3
  • インプラント埋込の一次手術

インプラントを埋める部分の歯肉を開いて顎の骨にインプラント体(フィクスチャー)を埋め込み、開いた歯肉を閉じて縫い合わせます。処置の時間は約2時間前後です。局所麻酔のため痛みはほとんどありません。

  • Step4
  • インプラントと骨の結合安定期間

一次手術後、インプラントが骨の中でしっかりと接合されるまでの安定期間を設けます(オッセオインテグレーション)。安定期間はインプラントを埋めた部位や骨の質などで個人差がありますが、約6~24週間です。
この間は仮の義歯を使用することができますので、日常生活に支障はありません。

  • Step5
  • 安定期間後の二次手術

インプラントが完全に顎の骨と結合されたら、人工の歯を取り付ける準備をします。 歯肉を小さく切開し、埋まっているインプラントの頭部を露出させ、人工の歯を接続するためのアバットメントという土台を取り付けます。この状態で、歯ぐきが治るまで2~6週間前後おきます。 この段階で外科処置はすべて終りです。

  • Step6
  • 人工歯の型取り、装着

歯ぐきが治った時点で口の中の型を取り、歯の型を取り、歯並びや形状、色をチェックしながら、インプラントに接続される冠せもの(セラミック)を作ります。
冠せもの(セラミック)が完成したら、いよいよ装着。インプラント治療の完了です。

  • Step7
  • アフターケア

治療が終った後は、まず一週間後に定期検査をします。その後はだいたい1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後に定期検査をします。 ※定期検査の期間は口腔内の状況などで異なります。

画像:求人募集バナー
画像:出演メディア紹介バナー
画像:交通情報

TEL:078-987-3003

画像:アクセスタイトル

  • 所在地
    〒651-1302
    神戸市北区藤原台中町1-2-1北神中央ビル3Fクリニックフロアー内
  • TEL
    078-987-3003
  • 診療科目
    一般歯科、予防歯科、小児歯科、審美歯科、インプラント、ホワイトニング
  • 診療時間
    午前:
    9:30~12:30
    午後:
    14:00~19:00
    土曜日も夜7時まで診療しています。
  • 休診日
    水曜日 日曜日 祝祭日
    祝日のある週は水曜日も診療しています。
  • 最寄駅
    神戸電鉄岡場駅よ徒歩1分
  • 駐車場
    北神中央ビル専用駐車場がございます。